自動車総合サイト


運転免許の習得形態

 自動車を運転するに必須の運転免許をすぐにでも取りたいと思っている方もいるでしょう。最近は免許の取り方にも色々な多様性が出てきています。そのため免許を今すぐにでも欲しいんだけどどの習得形態が自分にあっているのか迷っていると言う方もいらっしゃるでしょう。このページでは免許習得の各形態について簡単に書いています。

 

自動車学校

 自動車免許を習得するには教習所に通うのが一番基本的な方法です。各県、各地区には必ずと言ってよいほど自動車の運転方法や公道を走る上での基礎知識を習得するための自動車学校が存在します。道路交通法の基礎知識を身に着ける「座学」と規模や大きさは各自動車学校の資本に左右されますが、敷地内で自動車を走らす「第一段階」と公道にでて地雷になる「第二段階」が在ります。ある程度の金額で自動車を運転できる訓練を行なうため自動車免許の習得≠自動車学校(教習所)と言う図式が成り立っています。地域差は有りますが基本18歳になった時点で自動車学校に通う事が多く、その殆どが学生や就職活動中の社会人だったりするため、多少年齢が高い人が自動車学校に通う事に抵抗を感じている人もいるようです。

 自動車学校で教わる事は習得する免許によって違ってきます。もっとも簡単に取れる原付免許は2週間程度で取れますが、大型車両などは1ヶ月から2ヶ月掛かる場合も有ります。通常普通自動車免許の場合はMT/ATの選択あるためどちらか選ぶ必要があり、金額も若干違ってきます。ちなみに教習で金額が安いのはAT免許でMTより5万円前後安くなります。しかしMT車は運転できないため、今後MT車を運転する機会が出てきても運転できません。AT免許は主に女性の拾得者が多くMT免許は主に男性が習得するのが主流になっています。

短期講習

 基本手にやる事は上記に書いた「自動車学校」と同じなのですが、短期講習は時間が無い人向けに開講される学校です。大手の自動車学校などが単集中型の免許習得を売りにしておこなっており、夏休みや就職期には頻繁に行なわれている事が多いのが特徴です。また短期講習のため通常の自動車学校に通うより金額が高く、学校によっては寮を完備した寝泊り体制で自動車免許の習得を行なっている学校も有ります。

Favorite

保健科学東日本

2017/8/4 更新

BUNBUNBARIBARI 2009 [自動車総合サイト] ALL CAR-AND-BAIK TWENTERTEW