自動車総合サイト

自動車保険

 車両を持っている人は運転の際は責任が生じます。事故を起こして器物を破損したり、人を巻き込んだ事故を起こした場合など保険に入っているかどうかで後々の対応が変わってきます。保証されるのは主に金銭面ですが、今後事故を起こす(巻き込まれる)可能性は否定できないため絶対に加入している方が良いものです。このページでは自動車・バイクを乗っている人の義務、自動車保険について色々書いています。

自賠責保険

 自動車・バイクを持っている持ち主は必ず加入する保険です。この保険は各車両の持ち主が人身事故を起こした場合に「人身事故で怪我や障害を持った被害者」を助けるために加入する保険です。そのため自身が怪我をしたり、車両が傷ついたりしても自賠責で保証される事は一切ありません。この保険は車やバイクを運転する持ち主に最低限の責任を持ってもらう為の保険で、自動車・バイク購入時に強制加入する事が義務付けられています。中にはこの保険を加入しなければもっと車が安くなると思っている方もいるようですが、車やバイクは使い方によっては簡単に人を殺める事が出来る凶器にもなる事を自覚して運転を行なっていれば自賠責の意味が出来るはずです。

任意保険

 自賠責保険と違って自動車・バイク購入者が個々の判断で加入する保険を「任意保険」と言います。この任意保険は各会社から様々な種類が出ているため金額や適用される項目・規模等は各社によって違います。殆どの自動車・バイクの購入者は「自賠責保険」と一緒に加入するのが一般的です。中には加入していない人もおり、特に金銭面に弱い学生やフリーターなどに多く観られます。一応頭に任意と言う肩書きでがありますが、事故を起こした場合、自賠責保険だけでは賄えない金額を請求される場合もあるため必ず加入しておきたい保険です。以下に簡単に「任意保険」の種類を書いてあります。加入や契約の参考までに読んでみて、今後の運転ライフをより安全なモノにしていきましょう。

対人賠償保険:任意保険に入る場合に必ず入っておきたい保証です。車両を運転中に人と接触事故等を起こしてしまった場合、怪我や入院時の治療費の負担や、障害が残った場合の通院費などある程度の金額を保証してくれましす。保険で支払える金額には限度があり、かなり高額な治療費や手術費等の場合は保証出来なかった分は事故を起こした過失者が全額自己負担になるため、もしもの場合に備えて必ず加入しておく事をオススメします。最近はあまり見なくなりましたが、保険の種類には「掛け捨て」と「積み立て」の2種類があります。最近の主流は「掛け捨て」で少ない掛け金で大きな保証が売りです。「積み立て」は保険加入者が支払う金額を積み立てて事故の際支払う保険です。保険加入者が自由に金額を決められるのが特徴ですが支払われる保険は積み立てた金額分しか払われないため最近は廃れつつあります。ちなみに積み立ては引きおろす事がなかった場合、全額戻って来る事が多いですが、掛け捨ては文字通り掛け金を払うタイプなので支払った金額は戻ってきません。

対物賠償保険:事故を起こし公共設備(ガードレールや電柱など)を破壊した時にそのモノの修理金として払われる保険です。基本的に人には適用されませんが、公道で走り始めた運転初心者にオススメの保険です。しかし家族共用で使っている自動車の場合、ベテランドライバーでも「対物保証保険」に加入しているため不安に思っている方は加入しておいた方が良いかも知れません。

車両保険:購入者が購入した自動車が事故にあったときに修理費等として支払われる保険です。「対人賠償保険」と同じく入っておきたい任意保険で、加入者の自動車・バイクの修理費を賄ってくれます。この保険は自動車・バイクの車種や排気量によって金額が異なり、軽自動車は安く、高級車やスポーツタイプの車は比較的高く設定されています。ちなみにこの保険を適用するには車が修理を必要な状況になる経緯を把握させるため警察や保険会社をその場に召喚しなければいけないため以外手続きが面倒だったりしますが、その後の修理費用や手間を考えると早めに対処させた方が早めに保証が降りるのは確かです。修理に出しても修復不可能で廃車に出さなければいけなくなった場合、廃車取引代まで補償してくれる場合もあるかもしれませんので、保険加入の際には確認しておきましょう。また、廃車引き取りの業者も探しておくといいかもしれません。

人身障害保険:運転手が人身事故を犯して治療費などを請求された場合に保証してくれる保険です。基本は対人賠償請求と似ていますが、こちらは被害者だけではなく保険料によっては身内にも適用できるため以外に使い勝手がいい保険です。加入しいる人は少ないですが資金に余裕がある方はもしもの時の為に加入してはいかががでしょうか?加入する方は主に小さいお子さんがいる家族や人を乗せる仕事をしているバスやタクシーの運転手の方が 加入しています。

自損事故保険:一般の人で加入している人はあまりいませんが、タクシーやバスの運転手などが多く加入している保険です。この保険の特徴は加入されている自動車の助手席、又は後部座席に乗っている同乗者の事故時の怪我や入院費の保証を行う事です。自動車に頻繁に人を乗せる持ち主は加入する事をオススメしますが、基本的に個人運用の場合は加入しなくても大丈夫な保険です。保証や支払い金額が心配な方や気になる方は営業マンに聞いてみるのもよいかもしれません。

無保険者損害保険:種類を調べて初めて存在を知った保険です。基本的に当て逃げや悪戯など自動車の持ち主が被害者なのに加害者が見つからない場合に適応される保険で、よほどの事が無い限り保証が適応されないため当て逃げや初心者ドライバーが大量に発生した地域に自動車を駐車している持ち主には有効な保証かも知れません。ちなみに私は過去に3ヶ月で5回当て逃げをされトータル20枚程諭吉さんが飛んでいった事があるので当時この保険を知っていたらずいぶんと助かったのにと思ってしまいました。自動車をこれから購入する方も、すでに自動車を使っている方もこのサイトを気に今一度加入している自身の保険を見直してみるのはどうでしょうか?

Last update:2017/7/21

BUNBUNBARIBARI 2009 [自動車総合サイト] ALL CAR-AND-BAIK TWENTERTEW